カフェ&レストラン

【レストラン】本場のシュクメルリは茶色い!?茶シュクを食べるなら「Machakhela」

こんにちは!じゃっかんあるつ(@cosmicalz)です。

日本で、ジョージアといえばシュクメルリ。
くらいの認知度になってきましたよね、シュクメルリ。

日本でシュクメルリ旋風が吹き荒れたのは、松屋でシュクメルリ鍋定食が登場してから。

松屋公認レシピもクックパッドに掲載されているから作ったことがある人もいるのでは。

あのレシピは牛乳とホワイトシチューの素などでつくられています。

世界一美味しい「日本のごはん」に合うように仕上げた
と書いてあるとおり、日本にある食材で日本人に食べやすいレシピになっています。

日本人はそういうのが大好きだし、そこから全然別物に発展させていくのも得意だよね。

一方で、本場はどうかっていうと、シチューというよりは鶏肉&にんにくが主役のお肉料理。

ソースは牛乳やサワークリーム、生クリームなんかの乳製品を使っているから
ちょっと酸味があったり、ピリッと辛かったり。

でも私たち家族もジョージアでシュクメルリを何度か食べているけれど、

あれ?これって色が違う!ってお店があって。
汁が白くないのです。

よくよく調べてみると、それがシュクメルリ発祥の地のシュクメルリ。
茶色いシュクメルリ、いわゆる「茶シュク」。

こちらの記事がとーっても詳しい!
シュクメルリには「茶シュク」と「白シュク」の2つがある。本当のシュクメルリは茶色い料理です。

その茶シュクの美味しいお店が

「Machakhela」

ジョージア内に何店舗かあるチェーン店なのですが、
面白いことに店舗によってシュクメルリの色が違うw

これはナゾい!!
メニューの品揃えは同じようなのに、シュクメルリの色が違うって謎。

茶シュクの確認が取れているのは旧市街のメイン地帯。
ザ・観光地みたいな立地の店舗。

川向こうにメテヒ教会が見えます。


サブルタロの入り口あたりにある店舗は白シュクでした!!
(2年前に行ったサブルタロ店は閉店していました。)

この「Machakhela」料金はいたってリーズナブル。

ジョージア料理はたいてい揃っているようで、メニューがめちゃ多いです。

ジョージアの食堂やレストランでどこでもシュクメルリを食べられるってわけではなく
メニューにないお店も多いです。

ここでの注意点は時間がかかるということ。
シュクメルリは40分くらいかかります。

これはちゃーんとグリルしてくれているということだと思いますよ〜

待ちに待ったシュクメルリ登場!


シュクメルリ大 25ラリ(約850円)

ね?全く白くないでしょ??

それにしてもすっごいボリューム!!!
(小13ラリってのも選べます)

鶏半身分くらい入ってるんじゃ!?ってくらいの量の各部位が
油にんにくスープの中に詰まっています。
(にんにくは控えめな氣がする)

そしてめちゃくちゃいいのが、よく焼きってこと。
(よく焼き大好き家族)

あ〜この汁に麺入れたいぃぃぃ
って思った日本人は私だけじゃないはず。

めちゃよく寝て体調がすこぶるよくて
お腹がグーグー言ってるゼ!
刺激物欲しいゼ!

って時に食べることをおすすめします。

1人で食べようなんていうのはかなりなチャレンジャー!笑

チェーン店だからといって、侮るなかれ。
本格的な茶シュクを堪能できますよ!

Machakhela
23 Ovanes Tumaniani St, T’bilisi
24時間営業(ただし今は23時〜4時まで外出制限中)

ABOUT ME
cosmicalz
はじめまして。じゃっかんあるつです。 有機農家のパートナーと2020年中にジョージア🇬🇪へ子連れ移住決定しました!(娘は小5)。ジョージアワイン大好き🍷娘が日本のシュタイナー学校に通っています。 整体師。