ジョージア生活

【ジョージア生活】日本からジョージアに荷物を送ってもらったら「住所不明 持戻」となった話

こんにちは!じゃっかんあるつ(@cosmicalz)です。

ジョージアに暮らし始めて1年半が経ちます。


日本から来た時は、1人1スーツケース+リュック
というミニマリストでもないのに、極限に荷物が少ない状態で。

で、冬が来て氣づいちゃったんだけど、冬服がほとんどない!
パッキングしていた当時の自分に、これでなぜOKと思ったのかを問いただしたいw

でも冬服はサムゴリの市場で古着を仕入れたから
なんとか前回は越冬できたのでした。

もう1つ氣づいちゃったのは
「靴下がほとんど戦力外」

もともと持ってきた数もそんなに多くないのに
途中から家族になったポンチキ(犬)にかじられたりで
じゃんじゃん穴が開いていく〜

ジョージアで靴下を買ったらいいんだけど
結構布系は高いんだよね、ジョージア。

靴下もそうだし洋服やタオルにいたるまで
日本だとお手頃価格のものを選ぶことができるけど
ジョージアでは選択肢も少ないし、品質の割には高いのだよね。

そんな話を日本にいる娘とLINEしていたら
何かと一緒に靴下も送ろうか?
と言ってくれて。

何事も経験だ!と荷物を送ってもらうことに。

調べてみると、ヤマト運輸の国際宅急便が1番安い!
残念ながら食品関連は一切送れないものの
日本からジョージアまで1週間くらいで届くというじゃありませんか。

早い!
本当はふりかけとか出汁とか送ってもらいたかったけどねー。

荷物の中身の項目を全部書き出して、その値段も記載して
となかなか細かい作業が必要。

そして、荷物の中身を全部ちゃんと確認されます。

その記載した金額によって、受け取る国での関税が変わってくるんじゃないかなあ。

ジョージアではUPSというアメリカの貨物運送会社ががんばってくれていて
日本からの荷物もジョージアに到着してから自宅に配送してくれます。

私はそのあたりを全然調べてなかったから
荷物は郵便局に届くとばかり思い込んでいたし
きっと電話かショートメッセージで連絡が来るだろうとたかを括っていたから
(ものすごい思い込みw)

日本にいる娘に、部屋番号までは連絡せずにいたら
それがあとあと大変なことに。

まず東京で受付をした8日後にジョージアに到着。
追跡できてたから、おっもうジョージア着いた!って感動したのも束の間。

追跡ページに
「住所不明 持戻」という文字が!

これは大変!日本に荷物が戻ってしまう。

すぐに住んでいる家の管轄の郵便局にすっ飛んでいくと
荷物は届いてないし、トラッキングナンバーが違うよ。って。

受付の女性が丁寧に調べてくれたんだけど
それでも荷物の手がかりが1つもない。

日本の娘にことの顛末を伝えると
「あ!ヤマトさんがUPSがジョージアではどうのこうのって言ってた氣が!」

おおおーそれだ!UPSだ!

「住所不明 持戻」と記載された日から3日後。
荷物がありますように!
と祈りながらUPSのオフィスへ。

受付の女性にトラッキングコードを見せて調べてもらうのだけど
なかなかわからない様子。

事務所の中で働いていたおじさんたちに
○○(私が住んでいるとこの地名)の荷物知らん?
って聞いていて、みんなで探してくれたんだけど出てこない。

ダメか
と思った時に、地面を探していたおじさんが
あった!と。

あったよあった!
すんごく嬉しいぃぃぃぃ

受け取る時には料金はかからず。
パスポートを見せてサインするだけ。

1番小さい60サイズで6,000円くらいで届いたよ。

送ってもらったもの
・靴下
・下着
・ペン
・単行本
・電源プラグ
・タオル
・コットンの布

私の荷物の場合、靴下なんかは全部袋から出してタグもついていない状態で
箱に詰めてもらったから、関税はかからなかったのかな。

早く到着することは本当に有り難いことだし
遥か日本からジョージアまでちゃんと届くことが奇跡だよね。

でも値段もまあまあかかるし
送ることができるものも限られているし
特に食料品が送ることができないとなると
なかなか使う機会はなさそうな。

靴下が増えてひとまず安心。

ABOUT ME
cosmicalz
はじめまして。じゃっかんあるつです。 有機農家のパートナーと2021年4月にジョージア🇬🇪へ子連れ移住しました!(娘は中1だけどジョージアでは小6)。ジョージアワイン大好き🍷娘がトビリシのWaldorf Schoolに通っています。 氣功整体師。